読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タローのへうげ日記

へうげものの生活

茶碗の中の宇宙

f:id:tarotamaki:20170126133953j:plain

今日は1日暇だったのでぶらっと京都まで行って来やした。

お目当は京都国立近代美術館の展示会

「茶碗の中の宇宙」

 まぁーこのような展示会は我々茶道をしている人々は大興奮

 

日本の名品が集まっていると言っても過言ではないラインナップ

長次郎に始まり歴史を彩る名工たちがずらり

「ムキ栗」何度見ても良い

f:id:tarotamaki:20170126170052j:plain

 当代楽吉左衛門さんのモダンな楽茶碗もあり

楽焼の歴史を感じることができます

 

楽焼はかつて「今焼」と呼ばれていたそうで

各代のそれぞれの時代性を反映させた作品もあり、その辺りが見所かと。

 

本阿弥光悦俵屋宗達の作品も見所ですね。

昨年の京都国立博物館でしてた「琳派」に出ていなかったものが多数あります。

月梅下絵和歌書扇面

f:id:tarotamaki:20170126170115j:plain

 

この他にも有名どころでは

千利休像 春屋宗園賛、長谷川等伯筆など

  ↑千利休肖像画的なやつです

 

これだけのものが集まることはそうそうないのでは?

皆さんも是非

京都国立近代美術館

広告を非表示にする